全国のジャグリスト発信情報とジャグラーのアレコレを届けるWEBサイト

 ジャグラーゴーゴーパーク

第66回【ジャグラーな人々。】お婆ちゃま、実はツツモタ…!? ジャグラーV編⑤/無道X

最終更新日2020.10.28
  • 105
    いいね
REG連をプロの力で回避してもらおうという魂胆なのか、できるはずの右リールの目押しも自分に頼んできたお婆ちゃま。自身の目押しの甘さが招いた右リール上段7停止からのBIG揃いに続き、ここでもしBIGを揃えようものなら完全に落とせる(他常連との橋渡役になってもらったり、良さげな台を打っていて退く時に譲ってもらったり等々。念のために言っておくが男女関係的な欲求を満たすという意味での「落とす」ではない)…そうほくそ笑みつつ、ちょっと大袈裟な素振りを交えて右リールの7絵柄を押そうとした瞬間…

♪デッデデレレデッデデレレ…(BIGファンファーレ)

自分が右リールを止めるよりも早く、リールが自動で停止してしまい(当時のパチスロ機の大半は、リールを回転させたままストップボタンを押さないでいると、約40秒でリールが自動停止する仕組みになっていた)、そのままお婆ちゃまの反応に目を向けると…

「今、勝手に7が揃っちゃったけど、押さないで待っていれば勝手に揃うものなの?」
「いや、そういうことじゃなくて…」

BIGが成立している状態で7をテンパイさせ、右リールを回転させたままにして喋っていたら約40秒が経過して、たまたま自動停止するタイミングで7が揃っただけ…そう説明する前にスッと立ち上がり、シマの反対側、Yさんのいる方へ歩いていくお婆ちゃま。Yさんの隣に座っている初老の男性と暫く話し込み、納得したような表情を浮かべて戻ってきたと思ったら、次の瞬間…

「あれ私の旦那。リールは暫く経つと勝手に止まるみたいだけど、必ずしも7が揃うというわけではないみたいね」

…すぐ近くに旦那様がいらっしゃったんですね(苦笑)。だったら何故最初から旦那様に目押しを頼みに行かないのか? 更に言わせてもらえば、自分とお婆ちゃまで目押しのやり取り等を介して結構和気藹々な雰囲気になっていたと思うけど、おそらくそれが見えていたであろう旦那様は何故微動だにしなかったのか? 黙々と打っているようで、実は内心キレていたりなんかするのだろうか? 再び旦那様がいる方向をチラッと見ると、そのタイミングで旦那様がスッと立ち上がり、こちらの方へやって来るではないか。一見無表情だけど、なんかこうムッとしているような感じもするし、年齢は60くらいだろうけど、身体はデカいし、腕は太いし、喧嘩慣れしてそうだし。ひょっとしてあれか? わざとお婆ちゃまと仲良くさせて、自身の負けが込んだら頃合いを見計って因縁をつけて、金を脅し取るという、いわゆる美人局(ツツモタセ)の類か?

旦那様の邪気に満ちた気配が自分の真後ろでピタリと止まり、見た目のイメージにマッチするドスの効いた声でボソッと一言、かような言葉を発した。

「おまえ、そこどけや」

次回に続く


※無道Xさんのコラムは毎月8日、28日更新予定です!次回お楽しみに!!

「無道X」プロフィール


(株)ガイドワークス「パチスロ必勝ガイド」ライター。1998年「パチスロ必勝ガイドMAX」創刊時にライターとして採用されて以来20年以上に渡って実戦検証主義を貫き、今日も高設定台を求めてホールへと赴く。



  • 無道X
  • ジャグラーな人々。
通りすがりのジャグリスト
0/1000文字
みか 3日以上前  
中年太り 3日以上前  

関連コラム

新着情報

攻略記事

ニュース