全国のジャグリスト発信情報とジャグラーのアレコレを届けるWEBサイト

 ジャグラーゴーゴーパーク ジャグラーゴーゴーパーク

第106回【ジャグラーな人々。】遂にパコ美さんの本職が発覚⁉︎ ジャグラーガール編④/無道X

最終更新日2021.01.08
  • 113
    いいね
サクラ疑惑が浮上したパコ美さんの本職を探ることに異常なまでの執念を燃やすYさん。遂には、この日ツモれていなかった知り合いのスロプロを時給で雇い、夕方にはやめるであろうパコ美さんを尾行する作戦を立てたのだが、ここでひとつ当然と言えば当然な問題が発生することに…

Y「お、来たか」
T「ども」

彼の名はT。歳の頃は20代前半といったところか。その態度から察するに自分よりも年下なのだろう。Yさんも事の詳細を知らせず、取りあえず来い的な感じで呼び出したのか、すぐさま二人でシマを出て、何やら壁際で話し込んでいる。それから10分ほどが経過しただろうか。二人は戻ってきて、予定通りTがパコ美さんを尾行することになったようだが、そのことに関してTはいまいち納得していないようで。どことなく憮然とした表情を浮かべている。

程なくして、案の定パコ美さんが帰り支度を始め、当時のドル箱で1箱サラ盛りとちょっと、1500枚ほどのコインを持って席を立ち、ジェットカウンターへ向かったところでYさんが話しかけてきた。

Y「いや、パコ美さんがやめるならそのジャグラーガールを打ちたいって、Tに駄々こねられちゃってさ(苦笑)」
無「あー、だから憮然としてたんスね。結局、幾らで雇ったんスか?」
Y「1万。諸経費込みだけど」
無「うへ(笑)。諸経費ってタクシー代とかですか?」
Y「そう。パコ美さん今日もそれなりに勝ってるだろうし、もし出勤なら、このまま店までタクシーで行くんじゃないかなと」
無「その事、彼に伝えました?」
Y「いや。でもまぁ頭はキレる奴だから、臨機応変に対応してくれることでしょう」
無「ことでしょう…って(苦笑)」

Yさんとかような会話をする度に、同業とホール内で会話をするくらい仲良くなっても、言っていることを100%信用してはいけないんだなと。Yさんの場合は裏表がない性格で、まずは自分が美味しい思いをしてからというニュアンスを前面に押し出してくるので、どちらかと言えば付き合いやすい方ではあったが、今回の尾行の件に関しては、いくらパコ美さんにサクラ疑惑が浮上しているとはいっても些か異常というか、尋常ではない執念めいたものを感じるのだが、何が彼をそうさせているのか。その理由が発覚したのは、それから約1時間後。おそらく尾行役のTから電話を受けたのだろう。こちらに視線を投げることもなく、一目散に出口の方へと走り去って行き、10分もしないうちに帰ってきたYさんは何故かニヤけており、着席すると同時に、耳打ちをするようにして告げてきたその内容とは…

Y「パコ美さん、やっぱソープ嬢だった」


次回に続く



※無道Xさんのコラムは毎月8日、28日更新予定です!次回お楽しみに!!

「無道X」プロフィール


(株)ガイドワークス「パチスロ必勝ガイド」ライター。1998年「パチスロ必勝ガイドMAX」創刊時にライターとして採用されて以来20年以上に渡って実戦検証主義を貫き、今日も高設定台を求めてホールへと赴く。



  • 無道X
  • ジャグラーな人々。
通りすがりのジャグリスト
0/1000文字
千夜さん 3日以上前  

関連コラム

新着情報

攻略記事

ニュース