全国のジャグリスト発信情報とジャグラーのアレコレを届けるWEBサイト

 ジャグラーゴーゴーパーク ジャグラーゴーゴーパーク

第173回【ジャグラーな人々。】順押しチェリー狙いで+αを出す方法/佐々木真

最終更新日2021.05.11
  • 56
    いいね
先月まで数字の話が多くなってしまいました。全役を獲得できない順押しを推奨するのは、高設定をツモった際の効率のため。感覚ではなく数字としてご理解いただけたかと思います。

では、順押しチェリー狙いだけやっていれば良いのか?

そうとも言い切れません。チェリー以外にも、ベルやピエロがうっかり揃ったら嬉しいじゃないですか。その確率を少しでも高められれば、勝つ確率も上がるじゃないですか。

ただ、どの打ち方がその人にとっての最適解かは変わるものと思っています。どこをどうやって押せば良いのか。仕上げとして、リール配列と役構成という基本に立ち帰って考えてみましょう。

●狙うならピエロよりベルよね

5号機ジャグラーのベルとピエロの抽選確率はいずれも約1/1092.3。ベルの払い出しは14枚なのに対して、ピエロは10枚となっています。ごちゃごちゃと計算する必要もありません。どちらかしか狙えないのであれば、払い出し枚数の多いベルでしょう。

左リールにベルは⑰番の1つしかありません。パチスロ機は、最大で4コマまでしかスベらないので、ベルが枠内に停止してくれる押し位置を考えてみます。いや、考えなくても良いです。数えながらの指差し確認をしてみましょう。

上段に⑬番のサイ(下段にBAR)を押して4コマスベってくると上段にベルが停止します。しかし、その途中にチェリーが出現してくれません。取りこぼしてしまいます。そのような視点で、チェリーもベルもフォローできる位置を探してみると、この2箇所だけOKということが分かります。
この2箇所ですね。2コマ目押しなんかできないよ! という方もいらっしゃるかと思います。

このちょっと上に多くの方がいつも狙っているBARがあるんですね。ほぼ上段にBARが停止しているなら、2コマ目押しはできています。黒いものを上のほうではなく、視点を変えて赤いものを枠したあたりとしてみたらどうでしょう? 黒基準のままでも、いつもよりちょっと早めを心がけてみるとか。目押し技術の引き出しが増えることになりますよね! 

赤基準でも黒基準でも。選べるのですから、そんなに効率は下がらないかと思います。それでいて、ベルが揃ってくれる可能性も残せていることが大事なのです。いいんですよ、完璧に押せなくても。気をつけるのは赤7が中段より上に止まってしまうこと(チェリーを取りこぼす可能性がありますからね)。それさえ避ければ、チェリー狙いはできていることになります。いまやろうとしているのは、プラスアルファなんですから。たまに押せているくらいでも十分。

え〜!? そんなことを言っても、中リールのベルまったく見えないし。なんて声も聞こえてきそうですが。そんな方々のための対策もございます。それはまた次回。


余談ですが。「ベルは見えないけどピエロは見える」なんて方のための赤7狙いも書こうかと思いましたが、ベルと違ってピエロは右リールにも取りこぼしポイントがあるなど説明が一筋縄でいかないので、今回は割愛させていただきます。ベルを狙う理論を応用していただければ幸いです。
※佐々木真さんのコラムは毎月11日、21日更新予定です!次回お楽しみに!!

「佐々木真」プロフィール


パチスロ歴30年の2号機世代。歴代で好きなジャグラーは、迷うところだけど『ジャグラーTM』。目下の悩みは、リプレイを1/7.3で引けないこと。



  • 佐々木真
  • ジャグラーな人々。
通りすがりのジャグリスト
0/1000文字
大家族10人 3日以上前  

関連コラム

新着情報

攻略記事

ニュース