全国のジャグリスト発信情報とジャグラーのアレコレを届けるWEBサイト

 ジャグラーゴーゴーパーク ジャグラーゴーゴーパーク

第195回【ギブアップ大西】古住今来(こおうこんらい)【ジャグラーな人々。】

最終更新日2021.06.25
  • 32
    いいね
スマホの機種変更をした際、クラウドに保存したデータを購入した端末に復元するのは誰もが行う行為かと思う。SDカードやパソコンのバックアップを取り込んだりするのもあるが、そこから読み込んでとか面倒なひと手間あったのがなんとも便利な世の中になったものである。

そうすると復元した昔の写真なんかも久々に見直したりもするわけで、どんな思い出が詰まっているのだろうと眺めてみると、子供の写真などが大半のリア充同世代と違い、グルメか女の子の映った画像が少々、残りの大半はパチンコの思い出だったのがこの私。

なんとも寂しい話だが、考えてみると私も業界に従事して早5年。振り返るには十分な年数であり、じっくり見てみるとこれはこれでなかなか面白いものである。特にジャグラーは本当にノーマルですか?と思える浮き沈みばかり。今回は、写真を見ながら思い出に浸ろうと思う。

2~3年前だったと思うが、私が一度の苦しみも味わうことなく終始ニコニコだった際の画像である。なんとアイムだ(たまんねぇな、これ)。他のシリーズ機でも似たようなことはあるが、ここまでの例は私にはない。

圧倒的人気であるマイジャグ以外のシリーズに関しては、「割が~!」とか「扱いが~!」などと避けていたことが皆あるのではないだろうか? そんな私も1番打つのはマイジャグシリーズだし、機械割や扱いに関してブーブー言っていた。ただ、可能性があるなら他の機種も積極的に打つように考えが変化したのもこの頃だ。
語弊があるかも知れないが、ゴーゴーのあの狂ったような乱数を体験してしまうと本当にゴーゴーを踊りたくなるし(嘘)、ファンキーのド派手な連チャンやミラクルの奇跡の捲りもまた然り。

確かに上の安定感でいえばマイジャグラーシリーズ一択だ。しかし最近は他にも設定を入れるホールが多い。そしてそれぞれが違った動きをするし、安定感は普通にある。だからこれがまた良い塩梅というか、気分転換になるのだ。おかげで朝のマイジャグ争奪戦争に負けて絶望することは格段に減ったし、勝率も上がったまぁ状況を知っているホールに行っているのもあるけど、幅を増やして損をすることは無いということだろう。

とまぁ、一連の流れだけ切り取れば、ギブアップ大西の蔵が建つ話でガリぞうさんと対談出来そうだが、世間はそう甘くない。
至極稀な例だが、こんなこともある。

実戦時、小役確率は高設定を示していた。ブドウ信者でもある私は、仕事とはいえ開始当初まさかこのようなことになるとは思いもしなかった。周りの状況や信頼できるホールという要素もあったため続行したが、最終的に5000枚負け。やはり最低でもいくつかの推測要素(ブドウと単REGなど)が信じれなければ疑うべきだなぁと改めて思った。
これなんか最たる例で、この時も小役は好調、いや絶好調だった(これも仕事)。これまで100万Gは回したからこそいえるが、ジャグラーの判別は正直難しい。しかし経験とその時の打感で1000~2000Gを超えた辺りで設定の高低がなんとなくわかる感覚も、よく打つ人にはわかると思う。これはヤバいぞ…というあの感覚。

そんな変な感情を抱いたまま9000Gほど回した結果、グラフを心電図に例えるなら4000G辺りで心肺停止。
その後一度も脈をうつことなく、帰らぬ人となりながらもゾンビ大西は終始微妙な中ハマりを繰り返しなんと6000枚負け。画像を整理する限りまだまだあるのだが、なんだか悲しくなってきたのでこの辺りでやめる笑。てか、めちゃくちゃ負けとるな…。
しかし不思議なこともある。

前述のような痛い目に何度もあったし、かれこれ10年以上は打ってるのに何故飽きないんだろうか?

前々回のコラムでも語ったが、やはりあのペカりなんだよなぁ。リーチ目機も大好きなんだけど、予期せぬところでペカる不意打ち。しかも100%当たり。それだけで許しちゃうし、憎めない。もしあれが期待度50%だったら、絶対人気出てないと思うから。
さらに私の意見だが、パチスロってものは設定が変わると全く違う動きをする。それを性格と考え、長い時間をかけて関係を構築していく。まさに人同士の対話、親友や彼女そして家族との生活みたいなものなんだろう。人ではない時点で少々無理があるが、そんな考えもあって私にとっては「かけがえのない存在」なんだろうな。

そんな誰にも響きそうにない哲学を語ったところで、打ちに行く理由を今回は画像から無理や探すアラフォーでしたとさ。
やっとビッグ引けるようになりました。


※ギブアップ大西さんのコラムは毎月25日更新予定です!次回お楽しみに!!

「ギブアップ大西」プロフィール


すぐに諦めそうですが、ネバーギブアップ精神でどんな不況をも乗り切るDMMぱちタウン所属の新人(5年目)。 名付け親、沖ヒカルさん。ギブアップ大西のコラムです。よろしくお願いいたします!



  • ギブアップ大西
  • 小冊子マダオ
  • ジャグラーな人々。
通りすがりのジャグリスト
0/1000文字

関連コラム

新着情報

攻略記事

ニュース