全国のジャグリスト発信情報とジャグラーのアレコレを届けるWEBサイト

 ジャグラーゴーゴーパーク ジャグラーゴーゴーパーク

第212回【椎名まいたけ】どういう感情でジャグラーを打っているのか考えてみた【ジャグラーな人々。】

最終更新日2021.07.27
  • 563
    いいね
この間、あまりジャグラーを打たない方からこんな質問をされました。

「どういう感情でジャグラーを打ってるの?」と。
少なくとも恋愛感情じゃないのは間違いありません。じゃあ、なんだと聞かれると感情にフォーカスを当てた質問って今まで無かった気がするので戸惑ってしまいました。どういう事を考えながらジャグラーを打っているのかって質問はこれまで何度も、それこそ「椎名まいたけという名前の由来」と同じくらい聞かれたので、特に考える必要はないんですけど。とりあえず、その場は「好きって感情です」とポロっとつまらん回答をして会話はおわったんですが、イマイチ自分で納得がいっていないので、今回改めて私は一体どういう感情でジャグラーと向き合っているのか考えたいと思います。

そもそも、なんでこんな質問をされたんでしょう。普段私があまり感情を表に出すタイプじゃ無いので、何を考えているのか分からないからでしょうか。それとも、私がいつも死んだ魚のような目をしながらジャグラーを打っているからでしょうか。でもそれは、感情が死んでいるとかではなく、私の目が単に最初から死んだ魚に似ているだけって話なんですけどね(それもどうかと思うけどね)。
まあジャグラーはランプが光るだけだし、ボーナスもBIGかREGの2択なので、他の機種よりも喜怒哀楽が生まれにくいと思われているのかもしれません。
でも、決してそんなことは無いんです。ボーナスが当たれば嬉しいし、連チャンすれば楽しいものです。
流石にこれだけ長い事ジャグラーを打ち続けていると、多少のハマりでひどく落ち込むほど悲しい気持ちにはならないし、ましてや叩くというより殴るという表現の方が適切なんじゃないかってくらいレバーを強打したり、台パンするほどキレたりするなんてこともありません。ただ設定を意識し始めると、ドリカムのように嬉しい!楽しい!大好き!ってワケにはいかなくなります。「期待」や「不安」といった感情が生まれるからです。ブドウの数値やボーナスの確率に感情が左右されるので、ジャグラーを打っている時ほど精神状態が不安定になることはありません。文字ではなかなか伝わらないかもしれませんが、動画を見てもらうと時折その不安定さが垣間見えることがあります。
いつも動画を見てくれている方はもしかしたら気付いているかもしれませんね。「まいたけちゃんなんか情緒不安定だな…」と。それはこういう理由です。正直言ってメチャクチャ疲れます。でもそれと同じくらい面白さもあるのでジャグラーはやめられないんですよ。


難しいことを考えず素直に楽しむこともジャグラーを打つうえで大事なことだとは思います。無理に設定を意識しろとも言いません。でも、「ただ光るだけじゃん」と考えることをやめてしまうのは勿体ないと思うのです。自分なりの正解を見つけ出そうと考えながら打てば、きっと人それぞれ色んな感情が生まれるハズだから。そうすれば、もっとジャグラーを楽しめるんじゃないかと私は考えています。


※椎名まいたけさんのコラムは毎月7日、27日更新予定です!次回お楽しみに!!

「椎名まいたけ」プロフィール


ジャグラーを愛し、ジャグラーに愛された(?)パチスロライター。ジャグラーを愛しすぎるが故「ジャグラーと会話が出来る」「ジャグラーはマイナスイオンが出ている」等、迷言多数。ピンク色の髪がトレードマーク。



  • 椎名まいたけ
  • ジャグラーな人々。
通りすがりのジャグリスト
0/1000文字
通りすがりのジャグリスト 3日以上前  
ドリフト祐輔 3日以上前  
うーちゃん 3日以上前  
鉄人 3日以上前  

関連コラム

新着情報

攻略記事

ニュース