全国のジャグリスト発信情報とジャグラーのアレコレを届けるWEBサイト

 ジャグラーゴーゴーパーク ジャグラーゴーゴーパーク

第398回【佐々木真】ジャグ散歩vol.3〜秋葉原〜【ジャグラーな人々。】

最終更新日2022.08.11
  • 87
    いいね


“ジャグ散歩”の3回目は秋葉原。山手線&京浜東北線・総武線各駅停車・地下鉄日比谷線・つくばエクスプレスが通るターミナル駅。AKB48でもお馴染み“アキバ”です。アニメの聖地、オタク文化の聖地としてご存じの方もいらっしゃるかと思います。

▲山手線東側屈指のターミナル駅

▲高架は総武線各駅停車

 

 

なぜオタクの聖地になったのか。アラフィフのオッサンにとって、秋葉原は電気街のイメージが強くあります。その後“パソコンの街”となり、親和性の高いゲームやアニメ、フィギュアの専門店が集まったという流れになっています。私も子供の頃にドラゴンクエストを買いに来て、なんか余計なソフトも2本買わされたなあ(笑)。

 

 

そんな“アキハバラ”ですが、読み方に違和感。普通、秋葉と書けば“アキバ”と読みます。なら秋葉原は“アキバハラ”と読みそうなものです。

 

 

秋葉原の地名が誕生するきっかけは、明治2年の大火でした。延焼を防ぐために敢えて空き地とする“火除地”だったのです。そこに建てられた神社が「秋葉さん」「秋葉様」、この火除地を“秋葉の原”と呼ばれるようになったそうです。と、ここまでは“アキバハラ”となりそうなものですが、鉄道が開通して駅が作られ。その際になぜか“アキハバラ”となったそうな。

 

 

ちなみに、その神社は上野の北というか上野と浅草の間の台東区松が谷に“秋葉神社”として移転しております。

▲移転した秋葉神社

 

 

さてさて。そんな秋葉原のパチスロですが、東京でもっとも勢いがある街ではないでしょうか。最近のパチスロはアニメ版権も多くなっているので、それらを中心に盛り上がっている形ですね。

アツい日など、街全体がアツい感じ。競合店や激戦区という言葉よりも、街全体で共存共栄となっている感じがします。もちろん撤退したホールもありますが、それ以上に“盛り上がっているな”という印象です。朝の並びとかニュースになる街です(笑)。

▲ジャグラートッピングの自販機も

 

 

ジャグ系にまったくチカラを入れていないわけではないと思うのです。素敵な装飾をした自販機を置いているホールもありましたし。ただ……あんまり「ジャグを打ちに来よう」という気にはならない街ですね。やっぱりアニメ版権の機種が目当てとなってしまいます。特にキャラクターの誕生日など理由を付けて。

 

和食の舌の日に洋食屋さんにきてしまった気分。ということで、早々に心が折れてノーペカリでフィニッシュでした(汗)。

 

 

【秋葉原駅】

パチスロ:2036台

ジャグ系:169台

設置比率:8.30%

(500m以内で該当駅が最寄りのホール)

 

 

※佐々木真さんのコラムは毎月11日、21日更新予定です!次回お楽しみに!!

「佐々木真」プロフィール


パチスロ歴30年の2号機世代。歴代で好きなジャグラーは、迷うところだけど『ジャグラーTM』。目下の悩みは、リプレイを1/7.3で引けないこと。



通りすがりのジャグリスト
0/1000文字

関連コラム

新着情報

攻略記事

ニュース